汚れの種類と段階

場所により違う汚れ

場所によって汚れは違ってきます。嫌な汚れでキッチンは油飛び跳ね、水回りは水垢・カビ・ヌメリ、部屋は埃・わたゴミ、窓・網戸は砂汚れなどです。どれも溜めてしまうと綺麗にするには厄介な汚れです。掃除は溜めてしまうとそれ自体が面倒になり、嫌になってしまいます。掃除をする習慣がなくなるとしなくても何も感じなくなり、汚れているのが当たり前でやらなくなります。場所により違う汚れを知っていれば、何で汚れているか分かります。生活していて身の回りを綺麗にすると気分が上がるだけでなく、ハウスダストなどアレルギー対策にもなります。普段からまとめて掃除しなくていいように汚さないように生活している人もいます。忙しい人には賢い方法ですね。

掃除のお悩み

汚れには段階があります。汚れの段階で掃除方法が変わってきます。軽く汚れが付いてる状態は乾いた布で拭くと落ちる状態は誰でもできますが、拭くだけでは落ちない汚れは水拭きです。汚れが吸着した油・水垢は洗剤を使わないと落ちない汚れ、さらに硬いスポンジを使いゴシゴシと擦る汚れになります。汚れが擦っても落ちない場合は交換しなくてはいけません。汚れは放置してると水分・化学反応で時間と共に落ちなくなっていきます。
早めの対策で必要最小限の掃除で時間・コストを軽減します。時短・節約ですね。また、早めに対策で嫌にならず続けられます。汚れの掃除は誰もが悩む課題です。なるべく洗剤を使わないで汚れが酷くならないうちに落としましょう。